読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京イクメン日記

第一子誕生のタイミングで半年間の育休を取って



「卓球界の革命児」伊藤美誠を育てた「暗黙のルール」で縛らない育成法

子育て スポーツ

f:id:kuro3115:20140826221306j:plain
今大会は金メダルこそなりませんでしたが、男女ともに卓球は活躍を見せてくれています。

女子は最後の最後、団体戦という舞台で、見事銅メダルを取ってくれました。この4年間非常に苦しい時間を過ごしてきた福原選手の涙と同じくらい、伊藤美誠選手の笑顔が印象的でしたね。

どこか堂々としていちばん落ち着いているような雰囲気の伊藤美誠選手。そんな伊藤美誠選手はどうやって育ったのかということに非常に興味があったのですが、今日Yahoo!ニュースで記事を見つけました。

rio.headlines.yahoo.co.jp

何が伊藤美誠選手を作ったのか

あの雰囲気は普通の子ではないというのはすぐにわかりましたが、そんな彼女を育てたのが、現在、伊藤美誠選手が所属する関西卓球アカデミーだそうです。

関西卓球アカデミーは、2012年5月に、女子日本代表の村上恭和監督がプロデュースし、大阪市北区に創設した私塾です。世界最強の「打倒中国」を目標に掲げています。トップスクール生には伊藤美誠を含め、13選手が在籍していて、日本代表経験がある森さくら(日本生命)を輩出したことでも有名です。親の練習介入や、専任コーチをつけることも認めていて、合理的なことは取り入れる、という印象です。

記事に書かれている下記の文が、まさに伊藤美誠選手を育てた方法と言っても過言ではないと思います。

練習を始めて、大内さんはすぐに気付いた。卓球は練習中に相手を重んじる風潮がある。一定のコースでラリーをしている時にはコースを変えない、という暗黙のルールがあった。しかし、伊藤はチャンスボールが来れば容赦なく決めにいった。まるで試合中と勘違いしているのではないかと周りが疑うほど入り込んでいた。

 大内さんは「40数年間指導者をしているけど、こんな子は初めてだった」。練習相手の生徒たちには「バカにされている」と思わず泣きだす子もいた。大内さんは「合宿に行っても、みんな『美誠はラリーしてくれない』と一緒に練習したがらなかった。私も最初は注意しようかと思った。でも、これが伊藤美誠なんだと思って、子どもたちに『美誠はバカにしているんじゃない。真剣なんだ』と話をしました」。


おそらく伊藤美誠選手にとっては練習といっても真剣勝負なんでしょうね。練習だからラリーを続け「なければいけない」というのは、確かに同じ時間の中でたくさんラリーを打つという観点では効率的かもしれませんが、試合の時に必要になる判断や、決める力を磨くという観点では、むしろ伊藤美誠選手の練習への取り組み方のほうが効率的です。

友達が泣きだしても、練習で嫌がられても、伊藤は全く気にしていなかった。むしろ、ニコニコ練習を続けた。大内さんは「美誠が試合で勝ちだして、全国から指導者がどんな練習をしているか見に来た。でも、ヘラヘラ笑いながら練習をしているからよく勘違いされていた。美乃りさん(伊藤の母)が他の指導者から『どんな教育してるんだ』と怒られていたみたい」。

ヘラヘラ笑いながら、というところが伊藤美誠選手らしさだと思いますが、練習のときに必要以上に緊張したり気負ったりしないで、自然体で取り組んでいるんでしょうね。普段からラリーに入った時のオン・オフの切り替えがスムーズにできて、自分の実力をそのまま出せるような状態なんだと思います。

特に日本では重視される「暗黙のルール」

この話をきいて、村上恭和監督は本当に選手一人一人の特性を見ているんだなぁと思いました。日本社会は暗黙のルールを重視する傾向があります。阿吽の呼吸といわれるように、相手を尊重し、推し量って、合わせる、そんな文化が日本には根付いています。明文化しなくても、それがルールとして成立することで、ある面では効率的に発展してきました。

しかし、それによって天才は生まれにくくなっているという声もありますし、本当にそれがよいのかは、議論されているところです。特にビジネスの世界では、日本的な暗黙マネジメントがよいのか、欧米的な明文化マネジメントがよいのかということがいったりきたりしながら試されています。

和を大事にするという面で見ると、伊藤美誠選手の練習法は「空気が読めない」として、普通の指導者であれば是正されそうです。しかし、村上監督は周りに理解を求め、伊藤美誠選手の長所を活かして育てていきました。

自分の子育てに翻って、そんな対応ができるのかなということが頭をよぎります。

「常識では」とか、「普通は」とか、そんな言葉に巻かれ、子供の可能性の芽を摘んでしまったりしないだろうか。




伊藤選手の笑顔をテレビで見るたびに、成長のためにどんな態度や行動で接するのが最もよいのか、というところを見極める力を、自分も磨いていきたいなぁと思った次第です。

1歳3ヶ月になって、保育園に送っていくときに結構泣くようになってきた

子育て

f:id:kuro3115:20160816233323p:plain
保育園通い始めたのが10ヶ月のときで、やっぱりその頃は保育園がなんなのか、両親と離れていることとか、あまりわかっていなかったんでしょうね。最近はいろいろなことがわかってきているからか、保育園で「バイバイ〜」と保育士さんに抱っこしてもらうと、ほぼ必ず泣きます。

しばらく泣いて、保育園のおもちゃが目に入るとぴたっと泣き止んで遊び始めるのですが、それでも別れ際が寂しいようです。

親としてはかわいそうな気持ちと、離れるのがいやだという気持ちに対する嬉しさと、半々というところです。


保育園での過ごし方も子供によって全然違うようです

ほぼ毎朝、保育園に送っていくのは私の担当なんですが、朝の子どもたちの様子を見ていると本当に人それぞれだなと思ったりします。

ママと離れてもうずっと泣いている子もいれば、ママがそばにいるときから一人で楽しくおもちゃで遊んでいる子もいます。うちはどちらかというと一人遊びができるほうなので、保育園の朝の準備をしているときも、わりと一人で遊んでいてくれます。別の子は、ママが保育園の朝の準備をしている時も「かまってくれーーーーーー」と泣いていたり。それはそれで可愛いんですけどね。でも朝の忙しい時間で準備しているママにとっては少し大変そうです。


さらに、珍しく迎えに行ったときに他の子の様子も少し見たのですが、これまた同様に人によって全然過ごし方や、親以外の大人を見た時の反応が違う。


知らないおじさん(わたしのことです)が来たら、怖いのか泣く子、自分のパパじゃないと泣く子、無視して黙々と遊んでいる子、無邪気に絡んでくる子(笑)いろいろですね。

いろいろわかってきて、言葉も増えてきた

保育士さんの言うことや、パパママの言うことを、だいぶ自分でもおうむ返しするようになってきました。まだ「さしすせそ」は言えない、など発音の面で言えてないところも多々ありますが、なんたなくの語感で真似をしているようです。

最近はこちらのカードを買って、いろいろな野菜やくだものについて、名前を教えて、発音できるように練習しています。

もも、なし、なんかは最近良く言いますが、にんじん、バナナ、などは発音が怪しい状況です。バナナすごく好きなので、言えるようになると本人も要求を発しやすくていいのになと思ったりします。


まぁ今は単語の意味を理解しているのかどうかはあやしいですが、なんにせよ発音できるものが増えるというのは成長も感じますし、親としてはとてもうれしい気持ちになりますね。


あとは、何かがほしい時には「ん!ん!」といってひたすら指をさすので、手の平を上向きに両手を重ねるジェスチャーで「ちょうだい」を覚えさせようと思っています。



果物と野菜がある程度身についてら今度は数字かなぁ。1つ、2つ、と数えられるようになったら今よりもっとコミュニケーションが楽しいでしょうね。