読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京イクメン日記

第一子誕生のタイミングで半年間の育休を取って



女性の社会進出のために本当に必要なこと

雑談

個人的な考えですが、女性がもっと社会に進出しないと、日本はますます世界から取り残されてしまうと思っています。

これだけ世界が多様化していて、ダイバーシティ(お台場のアレではありません。多様性のこと)が重要と叫ばれているにも関わらず、日本の企業社会は未だ男性社会になっているところが少なくありません。

f:id:kuro3115:20150709235645p:plain

女性の社会進出に必要なもの

では女性の社会進出に必要なものはなんでしょうか。

www.u-can.co.jp

この調査では女性の社会進出のためには

出産に関わる問題の解消が不可欠ということで、

女性が出産後に働くためには何が必要かを調べたところ、

出産後に働くために必要なもの=「待機児童解消」「働きやすい社会のムード」

という結果になった。


ちなみに
「待機児童解消」は男性意見、
「働きやすい社会のムード」は女性の意見でした。

子供を預けることができるようになるだけでは不十分ということですね。

やっぱり社会全体の雰囲気

待機児童の解消は、各自治体がいろいろな取り組みによって少しずつ改善されてきています。まだまだ足りていませんが。



では、働きやすい社会のムードという面ではどうでしょうか。

まだまだ働きやすいムードは実現されるまでに遠い道のりがあるように感じます。

最近「マタハラ」という言葉ができたように、出産前後の女性サラリーマンにとって社会の風当たりはまだまだ厳しいものになっています。

で、自分にできることは?

そう遠くない未来、

自分が管理職として多くの人をまとめる立場になった時に、

出産しても変わらず働き続けられるようなチームにすることが、

管理職としての優秀さの指標の一つになると思っています。



そのためには、子育てをするということはどういうことか、

を知っている必要があると思っています。


毎日ギャン泣きする幼児を抱えて生活しながら仕事することが

どんなに大変か。

経験しないままに、あーだこーだ言うことだけはしたくないなと。


そんな思いも、育児休業を取ろうと思った一つの要因です。



別に育児休業を取ってるから偉いとか、そういうことではありません。


女性の社会進出のために必要なことは、

夫が妻に向けて「自分の好きなキャリアを歩めるように俺が協力するよ」と言える家庭が増えることだと思っています。

そんなことを言える旦那、かっこよくないですか?

もちろん口だけではダメです。

子育てを手伝う、でもダメです。



二人で一緒に育て、

二人で一緒にキャリアを積み重ねる。


そんな夫婦が増えたら

日本はもっといい国になると思っています。