東京イクメン日記

第一子誕生のタイミングで半年間の育休を取って



料理が作れないってのは、ただの甘えだと思う

f:id:kuro3115:20151210124258p:plain

最初に言っておくと、別に毒が吐きたいわけじゃありません。



でも、こんなにGoogle検索で情報を取れる時代に、「料理ができない」なんてのはあり得ないと思うわけですよ。

そこの旦那さん(笑)

・食材買う
・切る
・量る
・調理する
・盛る

ってそんなに難しいことですかねぇ。

一個一個やってることは極めて簡単な作業ですよ。


それこそパワーポイントとかエクセルとかワードで資料作るとか、顧客との商談をまとめるってほうがよっぽど難しいですよ。特にコミュニケーションが発生する仕事なんて自分じゃコントロールできないことばかりじゃないですか。それに引き替え、料理は楽ですよ。


食材やお皿はしゃべりませんからね。

(それを食べる家族は文句を言うかもしれませんが・・・)




レシピに
・ニンジンを拍子切りにする

って書いてあって、「拍子切りなんて知らん!」って思ったら

調べればいいじゃないですか。10秒でわかりますよ。





いつも遅くまでお仕事されて、それを何年も続けているサラリーマンのみなさん。

仕事ができて料理ができないわけないですよ。

だって仕事の方がよっぽど難しいですから。






ということで奥さん。

たまには旦那さんに料理させた方がいいですよ。

絶対できますから。


料理できないって言ってる人は、料理したくないだけですから。

しなくていい、と思うと人間は絶対やろうと思いません。

だって人間は基本的に面倒くさがりですからね。



自分がたまには1人で旅行とかに行くとか、きっかけはなんでもいいですが、

半強制的にでも、旦那さんに料理をさせる環境を定期的に作るべきだと思います。



それこそね、

自分が体調崩したときなんかちょうどいいです。



無理してでも自分が食事を作らないと・・・

なんて思わないで、

旦那さんに作ってもらえばいいです。



これは私が勝手に思っていることですが、

もし万が一のことがあって奥さんが料理ができなくなったときに、

本当に困るのは自分を含めた他の家族です。

そのための練習だと思って、たまには旦那に料理させる方が

家族として絶対いいですよ。




同じことが仕事にも言えて、

自分に万が一のことがあったときに

「奥さんが働いて家族を食わせるだけの収入を確保できるかどうか」

これが家族の命綱になります。


だから私は、妻が楽しく一生懸命働ける環境を作ることはとても大事だと思っているし、

理解し応援したいと強く思っています。