読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京イクメン日記

第一子誕生のタイミングで半年間の育休を取って



もうすぐ10か月。上の歯が生えてきました。その前に歯茎のふくらみ?

上の歯が生えてくるかなーという予兆が見え始めたのが2月のはじめ。しきりに唇を吸ったりして気にしていました。

diary.ikumen.tokyo


おとといから上の歯茎の片方に2-3ミリの腫れが出て、これはなんだろう、歯医者に行った方がいいのかな?と妻と相談していました。どうやらこのふくらみは「萌出性嚢胞」というやつっぽいです。(歯医者で見てもらってないのでわかりませんが)

萌出性嚢胞って何?

「萌出」とは、赤ちゃんや子供の歯が歯茎から出ること。
「嚢胞」とは、水ぶくれのように腫れている状態を言います。

つまり、「萌出性嚢胞」とは、歯が生える際に水ぶくれができることを指します。


通常、歯は歯茎に埋まっているときは袋のようなものに包まれているそうです。歯が生えるときにはこの袋がやぶれて歯が出てくるのですが、まれにこの袋が破けないことがあるようです。これが萌出性嚢胞の原因です。


しかし、しばらくすれば自然に袋がやぶけるようなので、特に治療は必要ないとのこと。実際、今は娘も両方の歯が何事もなかったかのように歯茎から顔を出しています。


赤ちゃんの身体には日々いろいろな変化が起こるなぁと改めて感じました。