読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京イクメン日記

第一子誕生のタイミングで半年間の育休を取って



初めてのお迎えきてくださいコールにうろたえる父親

f:id:kuro3115:20151025184533j:plain

昨日からすこしお腹の調子が良くなかったといえばよくなかったのですが、

初めて保育園から電話で迎えに来てくださいコールを受けました。


正確には、電話は妻のところにいくのですが、今日は会社の用事でどうしても外せなかった(というか外したくなかった)らしく、代わりに自分が行くことにしました。


思ってたよりずっと大変だった

最初は、まぁ早めに会社を出られればいつもの迎えと同じだろ、と思ってたわけです。



甘かった~~~~~~。
保育園に迎えに行き、

一旦家に帰って荷物を置き、

保険証やらなんやらを取り、

小児科に行き、

予約したら10人くらい待ってていきなり心が折れそうになりました。


でも10人ならまだ少ないのかも。



しかも近くの小児科なので、手ぶらで行ったのが大間違い。

待ってる間に、なにやら臭いが。。。


一度、家に戻らざるを得ない状況になりました。


急いで家に戻り、

おむつを交換し、

さらに追加のおむつを持ち、

再び小児科へ。




うわ。


全然進んでない。


絶望。



歯科も小児科は室内がやたら暑い。

娘を抱っこひもで抱っこしながら待合室で待つ。。。


暑い。


わき汗はんぱない。


眠い。


、、、と思っていたらやっと順番が。


娘はなぜか先生の顔を見て大泣き。

あばれる。


帰っても保育園から持ち帰ってきたものを片付け、

食事を準備し、

またおむつを変え、

薬飲ませ、

泣き叫ぶ娘の相手をし、




ふぅ。


疲れました。


気づいたらあっというまに夜になってます。





こんなに大変だということを知らないで、奥さんに丸投げしてるパパ。

ほんと大変なんですって。

「迎えに行くのは頼むわ~、よろ~★」

なんて軽いトーンで押し付けると、そのうち刺されるかもしれませんよ(笑)





新しいパパの教科書

新しいパパの教科書