読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京イクメン日記

第一子誕生のタイミングで半年間の育休を取って



ご飯作るの面倒くさいと検索してたどり着いた貴方に贈る「ぱぱっと料理を作るコツ」

f:id:kuro3115:20151028114058j:plain

最近Google Analyticsで、どんなキーワードで検索して、このブログにたどり着いたのかを確認したときに、「ご飯作るのめんどくさい」というキーワードでたどり着いている人がいました。

こちらの記事だと思いますが、なかなか検索しないキーワードだと思うので、すこし面白かったですね。
diary.ikumen.tokyo




さて、ということで、今回は自分が料理を作るとき、特に疲れてめんどくさいなーと思ってしまう時に料理をぱぱっと作るコツについて書きたいと思います。いろんなレシピを紹介するというよりは、精神面のアドバイスになっています。



1.後のことは考えない

料理を作るときに、「料理を作るのが面倒くさい」だけではなく、「片付けも面倒くさい」というのも混ざっている気がしています。私も、料理を作ること自体よりも片づけをすることのほうが心理的負担は大きいです。


片付けのことまで考えてしまうと、料理を作る気がよりいっそうなくなる、ということが過去に何度もありました。


そこで、料理を作るときには、「後のことは考えないように」しています。

ひとまず料理を作ってから、考える。

皿洗いなんて明日に回してもいいです。とりあえず水に浸けとけば、1日たってもそんな大したことにはなりません。

片付けのことを先に考えるあまり、料理をする気がなくなってしまうというのは本末転倒というか、もったいないですね。

ぜひ頭をからっぽにして、とりあえず料理に着手してみてください。


2.似たような料理でもいいから、複数作ってしまう

1品1品を毎日作るとなると、実はかえって大変だったりします。というのも、まな板と包丁とか、調理器具とか、1度にたくさんの料理を作る場合には使いまわしができるものもあるからです。

毎日作るのが大変だなーと思う場合には、1日に2日分作ってしまう方が、かえって楽かもしれませんよ。我が家では数品作ってジップロックに入れて、作り置きしています。


そして、2品以上作るときには、似たような料理になっても気にしないようにしています。

同じ食材でも、
・醤油で味付け
・味噌で味付け
・塩コショウで味付け
・黒酢で味付け
・バターで味付け
・豆板醤で味付け
・オイスターソースで味付け
などなど、調味料を変えることで全く違う印象にすることができます。

同じ味を連続で食べると飽きてしまうかもしれませんが、食材が同じでも味付けが違えばまだ飽きにくいと思います。

3.一品は茹で(orレンチン)+調味ですませる

手抜きじゃないか、と言われそうですが、手抜きで結構。手間を考えてしまって料理しないよりは、手抜きでも料理する方がマシだと思っています。

cookpad.com
cookpad.com
キャベツなんかはレンチンでも甘みが出るのでオススメ。

cookpad.com
cookpad.com
ブロッコリーは冷凍を使ったらほんとに楽。マヨネーズと相性がいいですが、梅を混ぜたり、チーズを混ぜたりするとアレンジできますね。そして何より栄養満点です。

まとめ

今回はできるだけ料理をするハードルを低くするようなポイントを書きました。

このパターンなら5分で作れる、というのを何品か持っておくと、いざというときにぱぱっと作ってしまえるので、非常にお勧めです。



作らない「しっかり料理」より、ちゃんと作る「手抜き料理」だなーと個人的には思っています。