東京イクメン日記

第一子誕生のタイミングで半年間の育休を取って



藤井聡太4段のようないわゆる天才が出てくることの影響

f:id:kuro3115:20170702232912j:plain
30連勝はならず、ということでしたが、29連勝は十分に将棋界の歴史に名を残す出来事といって良いと思います。


さて、きっとこのニュースをきっかけに将棋に興味を持った人も多くいるでしょうし、

将棋を始めてみようかなと思った人もいるはずです。

将棋界にとっては明るいニュースにほかなりませんね。




さて、藤井聡太さんでも

羽生結弦くんでもよいのですが、

いわゆる抜きん出た天才がでてくると、

きっとこんな子に育てたい

と思う親も出てくるはずです。



たとえば藤井さんが小さいことから親しんでいた知育玩具は今や数ヶ月待ちだとか。

そう単純なことでもないとは頭でわかっていても、

きっとうちの子もこれをやったほうが教育としてよいのではないか

と考えてしまうというのが親心です。




我が家では子供が自ら何をしたいのかというところを第一に考えるということを

なるべく忘れないように接していきたいなぁと思っている次第です。